くどいと言われても。/クドーのIT雑記ブログ

エンジニア系ブロガーです。人生観、スマートフォン、趣味について語りつつたまにプログラミングについて書くブログです。

いろいろな用途に使えるタブレットを選ぶならiPadが一強な4つの理由

タブレットってiPad以外にもいろいろあるけど結局何が違うのかわからないっていう方は意外といますよね。

 

結論から申し上げますと、現状日本で発売されているタブレットの中でiPadに勝るタブレットはありません。

 

スマートフォンにおいてはiPhoneよりも、その他androidのハイエンドモデルのほうが性能が高いですが、タブレットにおいてはアップルが強いです。

 

追随するものとしてXperia TabやGalaxy tabなどがありますがまだ少し及ばずと感じます。

 

その理由をお伝えしていきましょう。

 

 

 基本動作の安定性が高い

 

iPadは製品の外部から、OSなどのシステム内部までアップルが管轄しているので動作の最適化がされており比較的安定性が高いため、操作中にフリーズや電源が落ちたりしにくいです。

 

しかし、iOSのバージョンによっては不安定になったりするのでリリース直後のバージョンアップは控えましょう。

 

アプリの安定性が高い

 

一つ目の理由に似ていますが、アプリもiOS向けに最適化されているので安定しています。

androidはGalaxy、Xperia、AQUOS等さまざまな機種があり、しかも機種によってOSのバージョンアップできるバージョンに上限があります。

最新機種なら良いのですが、古い機種だと最新のandroidバージョンにできなかったり、逆に、新しすぎて数年前に出たアプリが動作しなかったりします。

 

一方のiPad(iOS)は、アプリの開発者側からの視点でみると、動作させるべき機種が大別するとiPad、iPhoneの二種類で済みます。

ですので、多種多様な機種、バージョンに対応しなければならないandroidと比べると安定したアプリを提供できるんです。

 

一例をゲームで挙げると、PUBGや荒野行動などのオンライン対戦FPSや、リズムゲーいわゆる音ゲーなどに興味があるのであればiPadのほうが入力遅延なども気にせずプレイできるでしょう。

 

ちなみに僕は音ゲーを安定してやるためにiPadを買いました。

コアな話になりますが10点マルチタッチにも対応しているので10箇所同時に液晶を押しても10箇所しっかり反応しているのが良いですね。

 

画面を横向きで固定できる。

 

地味ですが意外と便利です。

寝転びながら、動画を見ているときなどにちょっとしたはずみで画面の向きが変わってしまって不便だなぁと思ったことありませんか?

androidのタブレットの場合は画面の向きの変更はもちろんできますが、向きの固定となると縦向きにしか対応していないものが多いです。

iPadの場合は横向きにも固定できます。ちなみにホーム画面からしかできないので注意してください。

 

iPhoneを使用している場合ほぼ全てのデータを共有できる。

 

これはみなさんご存知だと思うので、理由に上げるほどでもないかなと思いましたが、iPhoneがメインスマホであれば抑えておくべきなのでやはり挙げました。

 

PCが必須となりますが、iTunesのおかげでバックアップしてあるデータをほぼそのまま移せるのは嬉しい仕様です。

もちろんandroidもバックアップしていればほぼ同じ状態まで復元可能ですが、手動で移さないといけないのがネックですね。

 

個人的にオススメのiPadはiPadPro

 

f:id:dokotorelog:20190515121450j:plain

 

僕はiPadmini4とiPadpro9.7を使っています。

最近はほとんどiPadProしか使いませんが(笑)

 

amzn.to

 

iPadProは通常のiPadに比べると少し高価ですがその分性能が良いです。

 

ディスプレイが光を反射しづらかったり、カメラの性能が1.5倍くらいだったり、本体そのもののメモリもiPadと比較すると性能が高いです。

 

あと僕は使ったことないですが、アップルペンシル対応なのも絵を描くのが好きな方にとっては必須条件かもしれません。

 

ちなみに僕がiPadProの9.7インチにした理由としては10.1インチ以下のモバイル端末はマイクロソフトのOfficemobileというアプリが無料で使えるからです。(商用利用は不可)

 

Office365などの製品版と比較すれば機能制限はありますが簡単な文書や表程度であれば余裕で作れるので大学生にオススメします。

 

amzn.to

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

今回はタブレットをいろいろな目的で使うことを想定して記事を書きました。

 

タブレットを使えば大画面でのブラウジングや、ゲーム、動画の視聴、キーボードと組み合わせて文書作成などいろいろな用途に使用できます。

それに安定性を考慮するのであればiPadが現状一番良いでしょう。

 

逆に、タブレットでは動画しか見ないのであればファーウェイ等の安価なタブレットで良いです。

 

タブレットは無くても困らないけど、一度でも使うとその便利さゆえ手放せなくなります。

 

みなさんの参考になれば幸いです。